現在の仕事内容

私の所属する第2営業Gでは約70社のお客様と取引があり、「ソーシンブランド」と呼んでいるカプラや車軸、エアタンク等製品の問い合わせ対応や、見積書作成をしています。ソーシンは国内唯一のカプラメーカーであり、販売シェアは約70%を誇ります。日本を走るトレーラの多くに使用されており、時には運転中のドライバーさんから電話問い合わせがあるため、メンテナンスについても日々勉強しています。

この会社を選んだ理由

父がメーカー勤務のため、幼い頃に会社行事の工場見学に連れて行ってもらいました。次から次へと流れるモノや大きな機械を見ているのは楽しく、そこから工場好きへと成長し、就職活動時に大きな工場のある企業を探したところソーシンを見つけました。満員電車が苦手なので、郊外にあることもポイントでした

仕事の魅力・やりがい

同じ製品を扱う企業でも、納期・品質・価格の優先度合いなど、お客様ごとにご要望が異なります。それぞれのお客様のご要望に合った対応を見つけることは難しいですが、その分やりがいもあります。また、製品製作についての問い合わせや見積書提出などの締め切りに追われる日々の中で、当たり前のことですが回答期日を厳守することにもやりがいを感じます。

仕事での苦労話

私が主に担当しているパイプという製品は車両の組立設計上、最後に形状が決まります。そのため、形状決定から製造~納入までの時間が短く、関係部署との調整が欠かせません。ソーシンの納入可能日と、お客様の納入希望日とが擦りあわないこともあります。納期通り納品できたか、直前まで気が抜けません。

将来の夢・目標

ある一日のスケジュール

入社後は調達部に配属され、3年目に営業部に異動となりました。まだまだ勉強中ではありますが、買う側と売る側の両面を経験したからこそできる、私なりの営業方法を確立したいと思います。そして、営業部課題としてのお客様満足度向上に貢献できるよう努めます。

上司の声

Mさんは調達部門より、昨年の春異動してきました。

初めは180度異なる業務に戸惑いを隠せない様子でしたが、さすがに若い!

そこはすぐに慣れて今では張り切って業務をこなし、充実した日々を過ごしています。(と、思われます)