現在の仕事内容

調達部は国内海外問わず良い仕入先より品質・納期・コストの優れた部品を納入し 合理化に寄与するのが大きな役割であり仕事です。
その中での私の主業務ですが、鋳造関係の新部品、既存部品の最適な価格査定と競争力のある仕入先の発掘などを行っております。

この会社を選んだ理由

日野市出身ということもあり、日野自動車ブランドに大変親近感があります。その中でも自社ブランドの製品に強味があるところに魅力を感じて入社を希望しました。

仕事の魅力・やりがい

価格設定というソーシン・仕入先の利益に直接関わることですので非常に慎重にならなければいけない仕事です。しかし、価格設定の過程の中で、なぜこの部品が自分の目標価格より高いのか、安いのかの理由を仕入先との交渉の中で発見でき、理解が深まっていくのが大きな魅力だと思います。

仕事での苦労話

多くの仕入先と価格交渉の他にも納期・品質の確保も現地・現物で交渉するため毎日のスケジューリングに非常に気を遣いますし、短時間での頭の切り換えに苦労します。社内と仕入先間で納期などで板挟みになることもしばしば・・・、そのような中で難問題を解決させるのが大変かもしれません。

将来の夢・目標

ソーシンと仕入先が協力して最終的にwin-winになれるような関係性を結んでいけるような仕事を目標としていきたいです。その仕事を推し進めた結果、お客様にコスト・品質・納期で貢献できればと思います。

ある1日のスケジュール

上司の声

調達部は会社内での業務だけではなく、全国にある仕入先さんまで行き膝を合わせコストなどの交渉する。

非常に人と人とのコミュニケーションと傾聴力が重要な職場です。今の時代便利になり、メールだけで仕事を進めていく人もいますが、

仕事が難しくなればなるほど先ずは仕入先さんに飛び現地現物で交渉する。そうすればO君が望むソーシンと仕入先さん両社WIN-WINの関係が自然にできます。


社員の声

営業部
設計部
生産技術部
海外展開推進
総務人事部
入間製造部